若狭湾 若狭高浜沖にて真鯛を完全フカセ釣りで

船で若狭湾へタイ釣りに行って来ました。
朝10時に若狭和田港より出港、若狭高浜沖にて夕方までの釣果です。
自己新記録の80センチ超の真鯛を最高にチダイなどタイを約25枚(25~80+cm)、他にアジ・ハマチなどが今回の釣果で、同行釣り人3名で鯛が約60枚釣れました。

餌: オキアミを使用し完全フカセ釣り
竿: 50-350
ライン: フロロカーボン7号(300m)、
針: 12号、
ハリス: 6号10メートル長さで2本針、
潮の流れ殆ど無しで棚は40~65メートル。

当日、釣り上げた最大の真鯛 80+センチ
画像


私流、完全ふかせ釣り案内

はじめに:戦いの考え方。
オキアミを釣り船から一掴み撒いた場合そのオキアミはユックリと沈んで行きます、どんどん沈んで行き魚達がたむろしている水深まで到達、すると魚はご馳走が上から降って来たと言うことで皆で食べます、その中に釣り針が仕掛けたられたオキアミが有った場合お魚さんにとって一生の不覚、大変残念な事で人間どもにだまされたとなる釣りです。

しかけ:針を仕込んだオキアミをいかに自然に沈めるか。
一掴みのオキアミを海に撒き、同時に仕組んだオキアミも海へ、沈んでいく速度を撒き餌と合わす為ラインやハリスにはおもり類は付けません、釣り針にミニ浮きが付いた仕掛けも売っている位です(私は使っていない)。
いかに撒き餌と同時に仕掛けをお魚さん達まで届けるかが決め手です。
最初の水深15~20mまでは手送りでラインを竿から出しますそれ以後はラインが受ける水の抵抗でスプールをフリー状態にしておけば自然にラインは出ます。

同乗の釣り人が50メートル深さで釣れたから自分はおもりを付けて撒き餌より先に50メートル深さへ仕掛けを沈め、上から撒き餌を撒き続けてもだめです、ラインの出た量が50Mと言う事で潮の流れを考えた場合実際の水深とは違います、上からの撒き餌とは全く関係の無い所に仕掛けがある事になり釣れません。

ラインはフロロカーボンが自然に沈むのには良い。
釣り竿は外ガイドの竿を使います、インナーはリールをフリーにしても自然落下は難しいです。
◎リールは電動でも手動でもOK、水深が分かる両軸リールが良い。(完全フカセ対応型)
◎リールのドラッグ調節はおもり付き仕掛け時に比べ緩めに。
◎撒き餌は仕掛け投入時のみ、軽く一掴みのオキアミから仕掛け用を選び・釣り針を仕込み・掴み分全部を海へ。

水深にもよるが撒き餌さま御一行は10分~30分・・でお魚さん達の層に到達、突然超高速でラインが出ます、フリー状態のスプールを指で押さえると同時にシャクリ一発と巻き上げ開始、写真に有る真鯛の時で掛けた位置から100メートル程度オーバードラッグで走りました、出たり入ったりしながら10分程度で取り込み完了。

遊漁船などで大勢が乗っている場合には此の釣り方は出来ません。釣り行きを予約する時確認して下さい、完全フカセつりが可能か又無理でも天秤フカセつりは出来る釣り船は沢山あります。

この記事は釣り船「啓福丸」(若狭和田釣船組合)での釣り果です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック